膝に負担が掛かりすぎていると変形性膝関節症になる可能性が

レディー

女性が迎える不調を元気に

沢山の生薬

漢方薬は、副作用が少なく効き目がおだやかです。体質に合えばよく効きますから、50歳前後で訪れる更年期において強い味方となります。医師の診断のもと、体質や症状を見極め、自分のからだと正直に向き合うことが大切です。

詳細を読む

知っておきたい症状

膝を押さえる人

関節部分に痛みや不具合を生じさせてしまうとされるのが変形性膝関節症というものです。変形性膝関節症は、関節部分にある軟骨が擦り減り減少してしまうことで起こってしまうようです。普段は軟骨から分泌される成分が、スムーズな動きを可能にしてくれるのですが、擦り減ってしまうと間隔が狭くなってしまい可動域に制限が出てきてしまいます。また症状が進むと、膝の骨同士がぶつかりあうことになってしまい、骨が削れて棘のようになります。すると激しい痛みを感じるようになるのが特徴だとされています。変形性膝関節症の症状がみられる割合は、男性よりも女性の方が多く2倍近い違いになるのだそうです。しかし高齢になることで、性別関係なく注意が必要になってきます。

変形性膝関節症は、O脚の方や肥満症の方も注視しておかなければなりません。普段から過度に膝関節へ負担をかけることになるからです。もし変形性膝関節症かもしれないような、膝の痛みや立ったり座ったりという場合の動作に違和感を感じるなら、サプリメントでケアするのもひとつの方法です。よく知られているのが、軟骨の生成に欠かせないグルコサミンや軟骨成分のコンドロイチン、2型コラーゲン、潤滑油的なヒアルロン酸などの成分が配合されているサプリメントがあります。そして最近では、続々と画期的な新成分も用いられるようになってきています。高い効果をもたらせてくれるとされるプリテオグリカン、日本古来から親しまれているイタドリ、グルコサミンを独自の精製で純度を高めたものなどです。

抗がん作用で人気の成分

ドラッグ

フコイダンには、抗がん作用があることがテレビ番組で紹介されてから、注目されるようになりました。現在でもがんの代替医療として利用されていて、効率の良い摂取方法が研究され続けていて、今後も利用価値が高まりそうです。

詳細を読む

眼の疲れは早期に対策を

目元を触る男性

眼精疲労とは、眼の疲れが長期にわたり続いたり、疲れにより体に不調が現れているような状態のことをさします。原因には様々なものがあるが、近年患者は増加しておりその主な原因は視環境の悪化です。改善するためには、眼の異常がないかチェックし、めがねなどをあわせ、視環境を整えることが重要です。

詳細を読む